TOP

スポンサーKataribe

急に一人暮らしになって、サイズ感がわからなくなった冷蔵庫

私は兄弟、両親、祖父母合わせて7人家族の家で育ちました。
2世帯形式の家ではなかったので、冷蔵庫や洗濯機は1つで7人分をこなしていたので、相当なサイズだったんです。

県外に大学が決まって一人暮らしをすることになって、現地で家電一式を購入するか、地元で購入してから運ぶか悩みましたが
両親も入学式に参加するため、家電を地元で購入して運ぶことになりました。この判断が失敗だったようです。

私は推薦で早めに学校が決まったため、アパートを決める段階ではまだ学校があり、実際に間取りを見ていたのは母だけでした。

当日わくわくした気分で新居にたどり着き、いざ家電を配置しようとすると洗濯機のサイズが合わないのです。
配置してある底の形よりも大きな洗濯機を買ってしまったため、入らないんです。
冷蔵庫も六畳一間には大きくて(170リットルくらい)すごく邪魔でした。

大家族で生活していたため一人用の家電のサイズがわからずに大きいものを買ってしまったんです。
冷蔵庫は100リットルでも十分というのはわかっていても、心のどこかで買い物に行く頻度が少なくて済むように、
ちょっとでも大きめのサイズをと思ってしまったのかもしれません。

7人家族で育ったので一人暮らしをするまでずっと、何もかもが大きいサイズだった為
急に一人暮らしのサイズって言われてもわからないんです。

一人暮らしのために家電を準備しようという方に経験上言えることは「必要最小限」ということです。
冷蔵庫も洗濯機もテーブルもテレビも小さいもので十分です。

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

.

最終更新日:2017-01-30 23:41

コメント (0)